今日の午前の訪問者はいつもと違う

専業主婦になってもう数年が経過した。
働きたくても育児の合間をぬって働けるところがなかなか見つからず、
甘んじて三食昼寝の怠惰なライフスタイルを受けるしかない。

贅沢言ってんじゃないよと、お叱りの声が聞こえそうだが、
三食昼寝は究極のエコライフでもある。

電気、ガス、水道の節約にいたり、
本体すなわち自信の肉体の消費エネルギーすらも節約。
ただし待機電源は常にオンにしておかないと、
はっきり言って惚ける。

で、訪問者も減って来た昨今の我が家。
たまに午前中の訪問者があるが、
大体が葬祭の御案内や、宗教団体の勧誘程度だ。

今朝も、朝食を済ませ後片付けも終えた時、
チャイムの音がする。
またセールスか何かの勧誘だろうと…。
ぼさぼさ頭に着古した暖パン、伸びきったセーター姿のまま、玄関を開ければ、
春らしい薄手のスプリングコートを羽織った長身の
若いが落ち着いた雰囲気を醸し出している
超イケメンが爽やかスマイルでお辞儀をしている。

お宅、誰?チャイム押す家を間違えていない?
と、口を突いて出そうになったところで、
おもむろに小脇にかかえたバッグから、
一枚の折り畳んだ紙を私に手渡し、
「ご招待状をお配りしています。宜しかったらどうぞ」
と、
ミントの香りを残して去って行った。

呆気にとられながら、招待状とやらに目をやれば、
な~んだ、やはり宗教の会の集いへのお誘いか。
それにしても、今までは、子連れのおばさんが勧誘に回っている事が多かったのだが、
セールスでも勧誘の世界でもイケメンが活躍する世になったのか。
これで参加者の数が増えたりしたなら何となく人間臭くて笑えるなと思った。

Tags: ,

Comments are closed.